0942-84-4656

〒841-0056 佐賀県鳥栖市蔵上2-186

婦人科

マタニティペイント
メディカルアロマトリートメント
アンチエイジング
妊婦相談
Dr.コラム
Dr.コラム
HOME»  婦人科

一般婦人科外来

一般婦人科外来のほか腫瘍疾患、更年期障害、漢方治療、不妊相談(治療)、思春期相談などのご相談に応じます。

[ 主な診療内容 ]
婦人科一般検診、子宮がん検診、ホルモン療法、不妊相談(治療)、漢方治療、(避妊相談)、婦人科疾患の手術、ほか

婦人科簡易手術

人工妊娠中絶手術(自費診療)や流産手術(保険診療)を行っています。手術日の妊娠週数が8週以上の場合や重篤な合併症をお持ちの患者様はお断りしています。
前日夕方5時ごろに来て頂き前処置(子宮口の処置)を安全のために行っています。またみなさんに術前検査(心電図、採血)も受けて頂いています。
超音波装置を使って吸引法による安全で確実な手術を行います。できれば早めにご相談にお越し下さい。

子宮筋腫・子宮内膜症の診断、治療

子宮筋腫はよくある病気ですが、昔のように手術療法だけではありません。定期的に経過だけ診ている患者様もたくさんいます。
子宮内膜症による月経痛(生理痛)、月経困難症による痛み、内膜症によるのう胞(チョコレートのう胞)は、卵巣がんの発症にも関係があるので定期検診、治療を受けて下さい。

子宮がん検診・卵巣検診・乳腺検診

子宮頸がんと子宮体がんの検診、及び二次検診を行います。
月経以外のときに、毎年検診を受けられる事をお勧めします。
 

HPV検査
必要に応じて行っています。希望者は自費にて受けていただくことができます。

※乳腺検診は指触診と超音波検査のみとなります(マンモグラフィー検査は施行していません)。

※乳房自己検診も重要です。月一回自分で触ってみて下さい。

   

●子宮頸がんHPVワクチン
近年、20~30代の若い女性に子宮頸がんが急増しています。
その子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で起こることが良く知られて来ています。
日本でもワクチンが2種類発売(サーバリックス、ガーダシル)されていますがそれぞれに特徴があります。
どちらも頸がんの予防に効果があると言われております。
ご希望の方はご相談ください。

[ 接種対象 ]

第一の接種推奨対象 11~14歳
第二の接種推奨対象 15~45歳
(サーバリックス:10歳未満不可、ガーダシル: 9歳未満不可)

[ 用法 ]
2~3回の接種が必要です。(必ず同一のワクチン) サーバリックス(初回、1か月後、6か月後) ガーダシル (初回、2か月後、6か月後)

[ 注意点 ]

(1) 接種後30分は院内にて経過観察。 (2) 接種後24時間は過激な運動は避ける。 (3) 妊娠、妊娠の可能性のある女性への接種は延期が望ましい。 (4) 授乳婦への接種は原則不可(米国の添付書では接種可能) (5) 既存のHPV感染や子宮頚部病変に対する治療効果はないが、感染していないHPV型による疾患予防の目的としての接種は十分意義がある。

※子宮頸がん予防ワクチンを接種してもすでにHPVに感染していたり、また異なる型の
ウイルスに感染して子宮頸がんが発症する場合もあります。

月経調節(自費治療)

受験や旅行、スポーツのときに生理が当たらないようします。
遅らせる方法と早める方法があるので、2か月前に来院するとその時に合っている方法が選択できます。

TOPへ戻る